糖質ダイエットとたんぱく質・炭水化物との関係

糖質ダイエットとは、糖質が最も多く含まれている炭水化物の摂取量を減らして脂肪を燃焼させることによって減量することができるものです。炭水化物は人が身体を動かすためのエネルギーとなるものですので、いきなり全く炭水化物を摂らないというのは危険なことですので無理のない範囲内で少しづつ行っていくことが大切です。ダイエット中の食事については、他のダイエットでも言えることですが、晩御飯を多く食べてしまうと使わないエネルギーを身体に溜め込んでしまうため、夜食べる量を減らしてその分朝と昼については、1日身体を動かしますからきちんと食べることが大事です。割合としては、朝3、昼5、夜2ぐらいが理想です。食事の内容については、他のダイエットは常にカロリーを気にしながら食事をしないといけませんが、糖質ダイエットはカロリーを一切気にすることなく食べることができます。お肉も全然OKですし、特に脂身の少ない肉などは最高です。また、魚、豆腐、納豆などのタンパク質を多く含んだ食材を多く料理に使うと大変効果的です。野菜もバランスよく食べて、思ったよりもたくさん量を食べることができるので、慣れてきたらダイエットをしているという感じがなくなるかもしれません。おすすめの食材について紹介したいと思います。2つあって、まず1つ目は、サラダチキンです。コンビニに行けばどこでも売っているもので、そのままでも簡単に食べることができるものです。簡単な一品として作ることができるものは、サラダチキンと納豆をただ混ぜて、納豆についているからしとタレを入れただけでできます。タンパク質をたくさん取ることができておいしいです。もう1つは、糖質0g麺です。スーパーに行けばどこにでも置いてあります。炭水化物を食べないでいると、どうしても炭水化物をたくさん食べたいということが出てきてしまいます。そんなときにおすすめです。麺ですが、味は普通の麺とそれほど変わりませんし、食べ応えもありますが、糖質は一切含まれていません。その麺をつかって、うどんを作るとおいしいです。野菜をたくさん入れて、先ほど紹介したサラダチキンを細かく切って入れて、きのこなんかも入れるとおいしいです。ただし野菜についてですが、すべての野菜がいいというわけではなく、ごぼうなどの根菜類には糖質が多く含まれているので、もしどうしても食べたい時にはたくさん食べないように注意しましょう。
ご意見箱
× 今後表示しない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です