糖質ダイエットはきのこや野菜がおすすめ!

糖質ダイエットと言えば、一番のコツは主食である炭水化物を食べる量を減らすのが導入しやすい上に効果が高いです。具体的には、お米のごはんやパン、麺類やイモ類などを食べる場合でもお茶碗の半分程度の量の留め、その分は糖質の少ない肉魚・野菜・キノコ類・ナッツ類などの比率を増やして補うだけでOKです。厳格にグラム数まで測ってしまうのは可能ならもちろんそれでも良いですが、そこまで細かくやらずとも大体の目分量で従来比の多くても8割~半分程度の量に落とすだけでも明らかに効果は実感してくるのではないかと思います。また、食べる量を減らすと共に質も改善するとさらに効果的です。パンはGI値という血糖値の上昇率をあらわす数値が高いので、同じ炭水化物の中でも比較的血糖値が上がりにくいソバやサツマイモに変えたり、白米のごはんを麦ごはんにしたり雑穀を混ぜたり肉野菜海藻などを混ぜた混ぜご飯や炊き込みご飯にしてしまえば普通のご飯よりは血糖値が緩やかに出来たりします。少し量を減らしつつ、品目の質の面からもダブル効果で攻めるというわけです。さらには、食べる順番も出来るだけ炭水化物や糖質のものは後に食べるようにした方がトリプル効果となります。まず空き腹には血糖値の上がりにくい肉や魚や野菜海藻キノコ、こんにゃくなどを先に食べておいてから、糖質が高めのものはその後に食べるというようにすれば吸収が穏やかになってダイエット効果もさらに高まります。主食についてこの三点を心掛けるだけでもかなり効果が見込めますが、それ以外の部分にも出来れば気を配れるともっと良い効果があります。例えば野菜については基本的に糖質が少ないのですが、イモ類は野菜ではなく炭水化物とみなして別物と考える必要があります。特にジャガイモはGI値がとても高く要注意で、どうしても食べたい時は出来るだけ最後の方に食べるか、イモの中ではGI値も低く食物繊維も多くて優秀食材であるさつまいもの比率を上げるなどの工夫が出来ると良いかと思います。またカボチャやニンジンなどの甘味があるものは野菜にしてはGI値が高いので、これらも出来れば食事の後半に食べた方が良いです。食事の味付けに関しても、砂糖をどうしても使う場合は白砂糖はもちろんのこと、出来れば黒砂糖やてんさい糖なども含めた粉の砂糖よりもみりんを使って煮詰めた方がそれらよりはGI値が低いのでおすすめです。みりんはもちろん本みりんのことを指し、みりん風調味料は別物なのでご注意ください。

そして糖質ダイエットと一緒におすすめなのがメタバリアsです。

メタバリアsは定期購入できるのでおすすめですよ!

メタバリアsの解約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です