チキンサラダが糖質ダイエットに良い理由とその方法

糖質ダイエットは基本的にお米やパン、スパゲッティやうどんなど炭水化物は絶対に食べません。もしどうしても食べたくなったときは朝食か昼食で食べるようにします。それも毎日は我慢して1週間に一度の位にしています。通常は、朝はサラダとフルーツとヨーグルトをたべます。昼は炭水化物なしのおかず弁当を食べます。夜は野菜と肉を中心にメニューを作り食べます。間食をするならフルーツかスティック野菜をつまみます。食べ物で一番満腹感を得られるのが牛肉です。焼いて塩胡椒で味付けして食べたり、わさびやおろしポン酢で食べたら、野菜と炒めたりとバリエーション豊富なので飽きることもありません。牛肉はたくさん食べても糖質が低いので問題ありません。しかし牛肉ばかり買っていたらお金もかかるので、そんな時は鶏肉でカバーすることが多いです。鶏肉のオススメメニューは、鳥の南蛮漬け、鳥蒸し、チキンサラダです。どれも作り置きが出来ますし、お弁当にも入れられて便利で私はよく作っています。それに合わせ、茹で野菜を食べます。生野菜でも良いのですが、茹で野菜の方が量も取れるし飽きません。ドレッシングを使うならノンオイルのものを必ず使います。個人的には塩をつけて食べるのにはまっているので塩分を摂りすぎないように注意しながら塩を使っています。調理をする際も油は少なめにしようするか、使わないようにしています。私はお酒が大好きで、特にビールと日本酒を好んで飲んでいました。しかし糖質を気にするようになってからは、ハイボールかワインを中心に飲むように変えました。毎日のように飲んでいたのも週末だけにし、気をつけています。毎食作るのが手間な時は、1週間分作り置きする事をお勧めします。それぞれタッパーに分けて作っておくと、毎食時出すだけですぐに食べられるのでとても楽です。お弁当にも毎朝詰めるだけで時短になります。わたしは土日のお休みの日にまとめ買いして料理することが多いです。また、食事をする時間も意識しています。夕食は出来るだけ19時までにとるようにし、それ以降は食べません。週末も同じです。なので週末は早い時間から飲み始めてゆっくり飲みながら食事を楽しむのが私の唯一の楽しみになっています。時間は意識しますが、食べる量は特に減らさなくて大丈夫なので、好きなだけ食べています。しっかり食べていると炭水化物を取らなくても満腹感をしっかり感じられるので、飽きずに継続出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です