糖質ダイエットとたんぱく質・炭水化物との関係

糖質ダイエットとは、糖質が最も多く含まれている炭水化物の摂取量を減らして脂肪を燃焼させることによって減量することができるものです。炭水化物は人が身体を動かすためのエネルギーとなるものですので、いきなり全く炭水化物を摂らないというのは危険なことですので無理のない範囲内で少しづつ行っていくことが大切です。ダイエット中の食事については、他のダイエットでも言えることですが、晩御飯を多く食べてしまうと使わないエネルギーを身体に溜め込んでしまうため、夜食べる量を減らしてその分朝と昼については、1日身体を動かしますからきちんと食べることが大事です。割合としては、朝3、昼5、夜2ぐらいが理想です。食事の内容については、他のダイエットは常にカロリーを気にしながら食事をしないといけませんが、糖質ダイエットはカロリーを一切気にすることなく食べることができます。お肉も全然OKですし、特に脂身の少ない肉などは最高です。また、魚、豆腐、納豆などのタンパク質を多く含んだ食材を多く料理に使うと大変効果的です。野菜もバランスよく食べて、思ったよりもたくさん量を食べることができるので、慣れてきたらダイエットをしているという感じがなくなるかもしれません。おすすめの食材について紹介したいと思います。2つあって、まず1つ目は、サラダチキンです。コンビニに行けばどこでも売っているもので、そのままでも簡単に食べることができるものです。簡単な一品として作ることができるものは、サラダチキンと納豆をただ混ぜて、納豆についているからしとタレを入れただけでできます。タンパク質をたくさん取ることができておいしいです。もう1つは、糖質0g麺です。スーパーに行けばどこにでも置いてあります。炭水化物を食べないでいると、どうしても炭水化物をたくさん食べたいということが出てきてしまいます。そんなときにおすすめです。麺ですが、味は普通の麺とそれほど変わりませんし、食べ応えもありますが、糖質は一切含まれていません。その麺をつかって、うどんを作るとおいしいです。野菜をたくさん入れて、先ほど紹介したサラダチキンを細かく切って入れて、きのこなんかも入れるとおいしいです。ただし野菜についてですが、すべての野菜がいいというわけではなく、ごぼうなどの根菜類には糖質が多く含まれているので、もしどうしても食べたい時にはたくさん食べないように注意しましょう。
ご意見箱
× 今後表示しない

無理なく糖質ダイエットをしたいなら豆腐などの大豆類がおすすめ!

糖質ダイエットとは別名炭水化物ダイエットとも称されます。ごはんやパン、麺といった炭水化物を抜くダイエットですが、今回は糖質ダイエットでおすすめの食事や食材、食べ方について紹介していきたいと思います。・豆腐を使って満腹感を得よう 豆腐は、ヘルシーで、1丁食べると満腹感が得られます。そのままお醤油やわさび、鰹節や昆布などをのせて冷ややっこで食べるのもよいですが、ハンバーグに混ぜて豆腐ハンバーグを作ってみるのもよいですね。豆腐が入っているのでカロリーも抑えられますしダイエットにぴったりなメニューと言えるでしょう。また、豆腐と卵、鶏ひき肉を混ぜて豆腐ナゲットを作るのもよいですね。また、オムレツも作れるでしょう。豆腐を入れることでボリュームがアップします。お鍋や汁物に入れるのもおすすめです。豆腐があるとさまざまなレシピが作れますので、ダイエット中に常備しておくのもよいかもしれません。・しらたきを使ってみよう しらたきには食物繊維がたっぷり含まれています。ヘルシーで満足感も得られるためダイエットにぴったりの食材だといえるでしょう。しらたきはよくにくじゃがやすき焼きといった料理に登場しますが、しらたきを麺に見立てたレシピもいろいろあります。麺つゆとツナで和えたり、バターで炒めてたらこで和えるとパスタのような感覚で食べることができます。また、注意するのは食べすぎると、腸閉塞になる可能性がありますので食べる量には注意するようにしてくださいね。・肉を使ったレシピ 鶏肉は肉の中でもヘルシーで良質なたんぱく質を摂ることができるのでダイエットにぴったりの食材だと言えます。コンビニに売ってあるサラダチキンは忙しくて料理を作ることができないときにおすすめです。また、鶏ハムも簡単に自宅で作ることができます。あとは鶏のささみでもよいですね。豚肉はゆでてレタスの上にのせて冷しゃぶのようにして食べるのもよいでしょう。油を使っていないため低カロリーです。よく噛むことで満腹感を得るようにしていきましょう。・まとめ 糖質制限のときにおすすめの食材や食事、食べ方について紹介してきましたがいかがだったでしょうか。糖質を制限するとどうしても物足りなさというのが出てきてしまいます。それを補うために、いかにそれ以外のレシピで満腹感と満足感を得ることができるかというのが大きなポイントになりますね。かさ増しをして量を増やしたり、よく噛んだり、汁物で満腹感を得るなどさまざまな方法があります。自分にあった方法を見つけて無理なくダイエットできたらいいですね。

チキンサラダが糖質ダイエットに良い理由とその方法

糖質ダイエットは基本的にお米やパン、スパゲッティやうどんなど炭水化物は絶対に食べません。もしどうしても食べたくなったときは朝食か昼食で食べるようにします。それも毎日は我慢して1週間に一度の位にしています。通常は、朝はサラダとフルーツとヨーグルトをたべます。昼は炭水化物なしのおかず弁当を食べます。夜は野菜と肉を中心にメニューを作り食べます。間食をするならフルーツかスティック野菜をつまみます。食べ物で一番満腹感を得られるのが牛肉です。焼いて塩胡椒で味付けして食べたり、わさびやおろしポン酢で食べたら、野菜と炒めたりとバリエーション豊富なので飽きることもありません。牛肉はたくさん食べても糖質が低いので問題ありません。しかし牛肉ばかり買っていたらお金もかかるので、そんな時は鶏肉でカバーすることが多いです。鶏肉のオススメメニューは、鳥の南蛮漬け、鳥蒸し、チキンサラダです。どれも作り置きが出来ますし、お弁当にも入れられて便利で私はよく作っています。それに合わせ、茹で野菜を食べます。生野菜でも良いのですが、茹で野菜の方が量も取れるし飽きません。ドレッシングを使うならノンオイルのものを必ず使います。個人的には塩をつけて食べるのにはまっているので塩分を摂りすぎないように注意しながら塩を使っています。調理をする際も油は少なめにしようするか、使わないようにしています。私はお酒が大好きで、特にビールと日本酒を好んで飲んでいました。しかし糖質を気にするようになってからは、ハイボールかワインを中心に飲むように変えました。毎日のように飲んでいたのも週末だけにし、気をつけています。毎食作るのが手間な時は、1週間分作り置きする事をお勧めします。それぞれタッパーに分けて作っておくと、毎食時出すだけですぐに食べられるのでとても楽です。お弁当にも毎朝詰めるだけで時短になります。わたしは土日のお休みの日にまとめ買いして料理することが多いです。また、食事をする時間も意識しています。夕食は出来るだけ19時までにとるようにし、それ以降は食べません。週末も同じです。なので週末は早い時間から飲み始めてゆっくり飲みながら食事を楽しむのが私の唯一の楽しみになっています。時間は意識しますが、食べる量は特に減らさなくて大丈夫なので、好きなだけ食べています。しっかり食べていると炭水化物を取らなくても満腹感をしっかり感じられるので、飽きずに継続出来ます。

ダイエット方法で糖質ダイエットが良いつ言われるエビデンス

最近はいろんな所でダイエット法で糖質ダイエットが良いという風に言われています。ですがいざ実際に糖質ダイエットを始めるとしてもどういう風に糖質ダイエットをやれば効果的に痩せる事ができるか分からないという人も多いです。なぜなら単純に糖質ダイエットと言って摂取する糖質の量を減らしてもそれが長くは続かないからです。その理由は簡単で糖質ダイエットをやろうと思って糖質の量を減らしても全く工夫せずに食べる量だけ減らしても空腹感を満たせなくて欲求不満になって結局前以上に糖質を多く食べてしまう事になる事があるからです。なので単純に糖質ダイエットをやれば痩せる事ができると思ってはいけないです。実際には糖質ダイエットをやる時はそれなりに考えてやらないといけないです。では実際に糖質ダイエットをやる時時どういう風にしてやれば良いかというとそれにはまず辛くない方法で糖質ダイエットをやるのが大事になります。なぜかというと結局糖質ダイエットをやっても上手くいかないのは辛い糖質ダイエットをやってそれが我慢できなくて失敗してしまうというのがあるからです。ですから糖質ダイエットをやる時は単純に糖質制限をすれば良いという事はないです。なので糖質ダイエットをやろうと思った時は毎日糖質制限をやっても辛くないと感じる方法を実践しないといけないです。その中でもおすすめの方法は同じ糖質制限ダイエットでも炭水化物をある程度摂取するというのがおすすめです。確かに一般的な糖質制限ダイエットは炭水化物を食べないようにしてやるというのが多いです。ですがそれではあまりに体に負担が大きくて結局長続きしないで失敗します。ただその際には普通に炭水化物を食べていてもあまり意味がないので食べる物を考える事が大事なります。そこでおすすめなのが乾燥玄米雑炊です。なぜなら乾燥玄米雑炊なら同じ炭水化物でもかなり糖質が少なくてカロリーが低いからです。またこれが良いのはいろんな味が出ているので毎日これを御飯代わりにしてもあまり苦痛に感じないというのがあります。結局糖質ダイエットで大事なのはこの点でどれだけ長く続ける事ができるかというのがあります。糖質制限ダイエットをたった数日やっても思ったような効果はないです。どれだけ毎日糖質制限を続ける事ができるかが大事です。そういう意味では乾燥玄米雑炊を毎日食べればほとんど苦痛を感じずに糖質制限ができるという意味でおすすめです。

糖質ダイエットはきのこや野菜がおすすめ!

糖質ダイエットと言えば、一番のコツは主食である炭水化物を食べる量を減らすのが導入しやすい上に効果が高いです。具体的には、お米のごはんやパン、麺類やイモ類などを食べる場合でもお茶碗の半分程度の量の留め、その分は糖質の少ない肉魚・野菜・キノコ類・ナッツ類などの比率を増やして補うだけでOKです。厳格にグラム数まで測ってしまうのは可能ならもちろんそれでも良いですが、そこまで細かくやらずとも大体の目分量で従来比の多くても8割~半分程度の量に落とすだけでも明らかに効果は実感してくるのではないかと思います。また、食べる量を減らすと共に質も改善するとさらに効果的です。パンはGI値という血糖値の上昇率をあらわす数値が高いので、同じ炭水化物の中でも比較的血糖値が上がりにくいソバやサツマイモに変えたり、白米のごはんを麦ごはんにしたり雑穀を混ぜたり肉野菜海藻などを混ぜた混ぜご飯や炊き込みご飯にしてしまえば普通のご飯よりは血糖値が緩やかに出来たりします。少し量を減らしつつ、品目の質の面からもダブル効果で攻めるというわけです。さらには、食べる順番も出来るだけ炭水化物や糖質のものは後に食べるようにした方がトリプル効果となります。まず空き腹には血糖値の上がりにくい肉や魚や野菜海藻キノコ、こんにゃくなどを先に食べておいてから、糖質が高めのものはその後に食べるというようにすれば吸収が穏やかになってダイエット効果もさらに高まります。主食についてこの三点を心掛けるだけでもかなり効果が見込めますが、それ以外の部分にも出来れば気を配れるともっと良い効果があります。例えば野菜については基本的に糖質が少ないのですが、イモ類は野菜ではなく炭水化物とみなして別物と考える必要があります。特にジャガイモはGI値がとても高く要注意で、どうしても食べたい時は出来るだけ最後の方に食べるか、イモの中ではGI値も低く食物繊維も多くて優秀食材であるさつまいもの比率を上げるなどの工夫が出来ると良いかと思います。またカボチャやニンジンなどの甘味があるものは野菜にしてはGI値が高いので、これらも出来れば食事の後半に食べた方が良いです。食事の味付けに関しても、砂糖をどうしても使う場合は白砂糖はもちろんのこと、出来れば黒砂糖やてんさい糖なども含めた粉の砂糖よりもみりんを使って煮詰めた方がそれらよりはGI値が低いのでおすすめです。みりんはもちろん本みりんのことを指し、みりん風調味料は別物なのでご注意ください。

そして糖質ダイエットと一緒におすすめなのがメタバリアsです。

メタバリアsは定期購入できるのでおすすめですよ!

メタバリアsの解約

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !